スマホで土壌分析ができて、分析結果で施肥管理できる。

 

土壌の抽出液を専用試薬で発色させたものを、つち博士専用アプリで撮影するだけで、土壌の養分濃度が測定できます。付属の施肥管理システムを使えば、分析後、肥料・堆肥の施肥設計ができ、圃場ごとに土壌養分・CECなどを管理できます。

 

チラシ1

簡単 ⇒ 煩雑な計量作業は一切なし
早い ⇒ 1検体あたり約15分で分析可
安い ⇒ 1検体7成分、試薬代923円(税抜き)

 

簡単で使いやすく適時に土壌分析ができます。
施肥設計及び、施肥の実行により栽培ノウハウを効率よく蓄積することができます。 

測定結果は、付属の施肥管理システム(Windowsに対応)で施肥設計、圃場データベースの管理が可能。

 

分析項目

■■ 施肥管理システム ■■

 

分析結果はパソコンに転送後、付属の施肥管理システムで、

オリジナルの施肥設計についてシミュレーションを行うことができます。

レーダーチャート

近年の圃場では、過剰施肥になっている場合も考えられます。

土壌の状態を把握することで、環境への負荷の少ない適正施肥を検討することが可能になります。

全体図

※アプリ使用デバイスは、Apple iPhone 5S以降、Apple iPot touch (第6世代)以降を推奨。

本商品は群馬県立産業技術センターとの共同研究により開発されました。

農業にかかわる様々な情報をつち博士の土づくり教室として公開しています。

 


木の葉


土づくり推進機構 生物性分析
生物性分析詳細はこちら


>>>>  酸素くんのページへ  >>>>


Designed by CSS.Design Sample